2019年6月22日 (土)

人を動かす方法について

休職から会社復帰して1年がたち、また10年以上の闘病生活から体も動くようになったので、昔のように全開で動きまくった。正直結果はあまりいいとは言えない。。。以前は平成始まりの昭和の香りが残っているバブル時代だったので、大声のものの意見がまかり通る時代!トップダウンが絶対の中、反抗しまくりで過ごした(笑)新しいことを始めるためには兵隊でも大声張り上げて正論は気まくりでガンガン行きました(笑)上を動かすにはその方法しかなかったのも事実ですけどね!!

今は令和に移ったばかりですが、ボトムアップで進めるには会議で話し合い進める時代。確かにとても響きも良く、また会社業績もいいのでOK?と思えた。。。しかし実際はトップは責任をいかにルールの範囲で行うかにこだわりすぎて、ルールそのものがおかしいのかどうかに発展しません!少なくとも昔と同じ兵隊の立場の僕にはそう思えて仕方ないです!!他の従業員のモチベーションは決して高いとは言えず、”やらされ感”が強く、新しことを進めるにも、上にも下にも納得させなければ進めない!つまり昔よりも前に進めなくなってきている。。。僕自身は偉くなった後輩たちにはっぱをかけてはみたけれど、目に前のことで手一杯で先を見ているのかどうかさえ見えてこない。。。とても残念ですね!

発信者である僕としてどこかで”本当にこれば正解だったの?”って疑問が募ります!この10年で、会社経営はGAFAスタイルに移行し、はっきりと成果を出しています。日本の大手企業の多くは製造業!その常識が覆されてる今、これから将来のある子供たちが夢を見られる世界が造れるのかどいうかが気になっています。もちろんそれ自身は子供たちが考えればよいのですが、彼らの新しい感覚を持ち込むんでも、それの受け皿が社会にまだ存在していません。実際少子化と言われる現在、その若い世代の離職率が上がっているのも事実ですね!それがなぜなのかを考えなければ日本企業の将来は不安だらけです!!後2~3年後には日本企業の大半はAI&IOTについていけず利益を出せずに血ブレていき会社も多いと考えています。それも仕方ないと考えるかどうかは国も経営者も考えなければいけない時期だと思いますが、なんせ伝わってこないです(笑)簡単な事で、発信が下手になってるんですね。もちろん受け取る側の理解力の低下も問題なのですが、その教育現場の問題も踏まえて考えないと、本当に日本の将来はないかもしれません!!

さあ僕は楽しむだけですが(笑)

2019年6月21日 (金)

時間が足りなく感じてる

最近以上に焦っています。なんとなくだけどやっておかなければいけないような気がするんですね。暇さえあれば何かをしている。phthonのeラーニング、SNSでのチャット:相手は日本語or英語、SNSでの発信(仕事や将来見えている不安に対する考え)、バイクや車のカスタム、もちろん仕事中も”どうすれば仕事効率を上げられるかの提案ネタ”と手作業しながら、時には現場を見ながらと。。。

何か大きなことをしたいわけではないのだけれど、何かしていないといけない気がしてる。正直言うと寝る時間さえ惜しんでいて、夜中に目が覚めたときにPCの前で情報検索しだしたりしてしまい、気が付けば出社時間ってことも多々あります(笑)

完全に病んでますね(笑)

明日はITパスポート受験をしてきます。昔初級シスアドを取ったことはあるのだけれど、どうしても時代の変化を捉えたくて、自身の知識を確認してきます。

その後は少し資格受験の予定はないので、ゆっくりできるのですがね(笑)

さあ今日も楽しんでいきましょう!

2019年6月18日 (火)

がん患者の本当の苦しみ

僕は悪性リンパ腫:マントルリンパ腫、B型肝炎、特発性血小板減少性紫斑病:ITP、うつの患者だ。特に悪性リンパ腫は現在も抗がん剤”インブルビカ”を服用中です。

そのために起こる想定されること、想定外のことが毎日のように起こる中で、ふつう(平凡)と言われている生活を送ろうとしています。

それには周りに理解者がいなければ成立しないことが多いです。

多くの人は”かわいそう””辛そう””病気だから無理しないで”と言ってくれます。しかし体調管理が自分でコントロールできないことが一番の悩みなんです!!

つまり元気な時は健常者とほぼ同じ””でも突然現れる不調があり、その波が日々いや時間単位でも起こります。健常者は”自分で体調管理しないとね”っと言ってくれますが、これが実はできないのですね!!それができないのが”持病を持つ”ということです!!

でも社会人であり、父であり、人間でありますから、自身としてはあくまでも”普通の健常者”と同じようにやりたいこと(欲)があります。当たり前のことです。もっと言えば僕自身の状態から言えば”寿命が明日終わる可能性が高い”のです!!だからこそ元気に動けるうちに人としてやりたいことは全てやっておきたいと思うのです!健常者に言わせれば”欲張り”と言われます(笑)でも先に対して不安(危機感)が健常者の人より高いだけです!!なんせ10年以上闘病で思い通りに動けないときがありましたから!!

人はみんなに平等に寿命があります!ただそれが誰もわからないけど、病である自分は健常者より少しだけはっきりしていることがあります。そのために毎日を体力作りのための筋トレや、仕事や生きるために必要な知識を入れるための勉強、リフレッシュのための趣味の時間に時間を人より多く詰め込みます(笑)健常者に”無理しないで”って言われますが、時間が限られているので、動けるときに一気にやります!!だって動けなかった経験があり、その時の辛さを知っているから。。。さあこれからも楽しんでいきましょう!

2019年6月16日 (日)

父の日

会社の復帰できて1年経った昨年から、父の日に僕と奥さんの両親に贈り物をしている。親たちももう80歳が目の前なのですが、この齢になると色々な親としていてくれたことに感謝することが多いです。自分が親となって20年経ちましたが、やはりまだまだ両親たちの見よう見まねであることは否めません(笑)恐らく両親たちもそうだったんだと思いますが。。。

人生100年の時代ですが、後数えられる限りしかないイベントを機会に親への感謝を続けていこうと思います。ありがとう親父さん!!

2019年6月 7日 (金)

発信者としての苦悩

掲示板、ブログ、SNSを初めて20年以上になります。その間でいいこともあれば悪いこともあるのですが、見ていただく方が増える中で、必ず起こることが、自分の発信に対する、批判意見です。それも意外と多いのが、知り合いから直接言われる場合が多いです。”あれはおかしい””病人らしくしろ””正論ばかり語っている”などです。自分の言葉や考え方に迷いはなく、純粋に思ったこと、感じたことを記録し、それをSNSに書くので、そういう意見が出ることは覚悟していたのですが、近くにいるものが直接言ってくることはあまり想定していなかったですね。最初は1~2人ぐらいが、最近は増えつつあります。逆にSNSでは共感してくれている人が見るので、(共感しない人はそもそも見ない)そういう意見ではなく、同感してくれる人が多いです。

自分の考えを主張できる場が増えた現在、思わぬところで傷つくこともあります。しかし僕は自分の経験している現状(マントルリンパ腫治療中、B型肝炎、ITP,鬱)とそれでも普通に生活や趣味(車・バイク。プログラマー等)を楽しめることを発信し続けたいです。この発信より、同じ悩みを抱えている人のため、子供たちへの親としての考えの記録(日誌)として。。。

2019年6月 6日 (木)

人の痛みのわかる人でありたい

相手の取って何が励ましになるか、何が傷つけることになるかを考えて行動しなければいけないと感じる出来事がありました。自分の価値観を押し付けるのではなく、相手の望むことは何かを理解することは案外難しい。だからこそ相手をよく見て理解することが大事だと思います。まずは相手に興味を持つこと。そこから始めれば人同士だけではなく、色々な事にも使えると考えているので、僕は親として子供にそう伝えていきたい!

2019年6月 5日 (水)

老後の生活を夢見て

51歳と言えば初老を超えているので、昔なら孫がいてもおかしくない年ですね(笑)

今は人生100年とも言われていますので、まだ折り返しに過ぎないです。しかし現実は体の衰えや、病(認知症など)で、健康な人は少ない。つまり人にとって必ずしも長生きすることだけが幸せではないということです。僕自身も毎日続く体の痛みや体力のなさからくる疲れやすさがあります。ある程度は薬で和らげられるけど、逆に言えば薬がなければ平凡な生活を送ることが難しいです。先日も書いたけど、僕の握力は30kgしかない。成人男性が48kgだからいかに低いかわかる。しかし昔は当然そのくらいの数値はあったのです。握力は年で衰えるものではないのですが、実際僕の体は確実に衰えが来てます。補うために筋トレなどもしていますが、それでも追いつかない。平凡と言われる老後を迎えてみたいですね!

2019年6月 4日 (火)

説明責任の所在について

昨日息子が学校のトイレを壊してしまった。ところが説明を聞くと、どうも先生の指示が的を得ない。前にも同じようなことがあったので、今回は担任ではなく、上司である教頭先生に電話をして、”息子がトイレを壊してしまったことへの謝罪とその後の担任指示を息子が理解していないこと”伝え、まずは教頭先生にじょうきょうを調べてもらいようにお願いしました。

結果は簡単な事だったのだが、担当が感情的に怒ってしまったために、息子が委縮してその後の説明が頭に入らなかったことだった。僕は教頭先生に”息子の理解不足は否めないが、子供でもあるので、その点は今後の課題として、担任が感情的に怒ってしまっては伝わるものも伝わらなくなることを理解させ、指導するなら感情を入れずに叱るようにすることをお願いしました”教頭は当然怒ると叱るの意味の違いを理解してくれたので、これからの指導はスムーズにいくと信じたい!!

説明責任とは当然説明する側にあるのですが、その点を踏まえて、相手が理解できる環境を用意することが指導の場であること!これは部下や後輩指導においても同じで、もちろん説明を聞く側のレベルにもかかわることなので、”何が分からないのか”を確認することも必要ですね!ただしこれは子供の場合で、大の大人であれば、事前に条件(資料を読んでおく)があれば、それを行なっておくことも必要ですが(笑)

説明する側の責任は、”伝えたいことを相手に理解させ、それを確認すること”であり、説明される側は受け身とはいえ”理解しようとする努力をすること”です。

これが最近はなかなかできていない。コミュニケーションの取り方が下手になっていると言われるゆえんです!!僕も気を付けなければと再認識した出来事でした!!

2019年6月 3日 (月)

現状と正論の狭間で悩む

全て正論が正しいとは言わないが、現状があまりにも正論とかけ離れていた時に、どうしても正論をぶつけてみたくなる。正義感ぶってるのではなく、あるべき姿を求めるのに手段を択ばないやり方が通れば、某国と同じ!!同じ土俵で争うこと自体が、すでにダメ!だからこそ正論があるのではないだろうか?

色々な事を含めて発信しているのですが、実際のところ発信続けるにはやはりパワーが足りなくなってきました。。。

でも諦めたら終わりなので、少しでも進むように行動しよう!子供たちの将来のために!!

2019年6月 2日 (日)

息子への教え!

昨日息子にドラスタのクラッチワイヤー交換を手伝ってもらった。いつもは一人でやるのだが、少し力が必要だったので、途中で呼んだのですが、そこで”このパーツを傷つけずに押してみろ”と問題を出しました。息子は最初は手を使い、ばねが強くて全然ダメでした。考え込んでしまったので、”ヒントをやる。てこの原理を使え””それと固くてお前が力を入れやすい道具を持って来いと”そしたらやっとこを持ってきたので、”どう使うの?”と聞くとわからないというので、”じゃあ金づちを持ってこい”と指示して持ってこさせ、柄の部分でそのパーツを押せ、押す長さは約1cmだ!声を合わしてやるぞ”でやっと完了しました。終わった後”この作業をバイク屋さんに頼んだらいくらでやってもらえうと思う?”と聞き息子が分からなかったので”工賃だけで6,000~10,000/hだ!それがこの作業の付加価値の対価だ”と伝えました。同時に”息子が今勉強している先にあることは、これらのこと行う時にどう行えばできるか?どの知識が役に立つか?またどう組み合わせるか?を考えられるようになることだ”と伝えました。

寝る前に一緒にふろに入ってるときに”さっきの意味は分かったか?人ができないことを代わりにやれれば、それは商売になる!もし自分でできないなら、そのことはお金を出して立ってもらうことになるが、そのためのお金は自分で他のことで稼がなければならない!だから自分の出来る(好きな)ことを見つけなさい!それだけに集中すればいい!”と息子なりに理解してくれたみたいです。息子も今年は受験生なのですが、自分のやりたいことを少しづつでいいから見つけて、少しでも近づく努力をしてほしいと願っています(笑)

«もう一歩踏み込めばいいのでは?

ブログパーツ

  • DUNLOP募金
  • share100
  • クリック募金
  • Yahoo! ボランティア募金
  • MUSICO
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック