« ミートホープ | トップページ | ひさりぶりの外食 »

2007年6月30日 (土)

バイクの話その3

大学4回生の終わりごろ、もうすぐ就職するというときに「やっぱ中免がほしい」と思い、教習所に通うことにした。教習所には結構自分と同年齢や上の人が多かった。晴れて免許が取れて最初に買ったのがヤマハTZR250。たしか中古で20万ぐらいだった。就職したてで親ローンで購入した。主に通勤に使っていたが、たまの遠出は決まって琵琶湖だったかな。約2年乗って、次にどうしても400に乗りたかったので、ホンダCBR400RRを中古で購入。並列4気筒と集合の組み合わせは、とても心地よいサウンドを聞かせ、とても楽しかった。しかし168cmの身長には、取り回しはきつく、結局2年で友達のスクーターリード90と交換した。スクーターは楽だが、楽しい乗り物ともいえず、通勤の足って感じでしか使用せず、結婚と同時に廃車することになり、現在に至る。

今思えばバイクはとても楽しい乗り物であったと思う。そして今また乗りたいと思う。バイクは風と一体になれるなんて表現する人もいるけど、僕は車とは感覚の違う乗り物で、ある意味大人の男のおもちゃだと思う。

再びライダーに戻れるのはいつの日かな?

|

« ミートホープ | トップページ | ひさりぶりの外食 »

車、バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213528/15599240

この記事へのトラックバック一覧です: バイクの話その3:

« ミートホープ | トップページ | ひさりぶりの外食 »