« 生姜湯 | トップページ | エイプリルフール »

2009年3月30日 (月)

死を見つめて

持病があると、何度か考える『余命宣告』
覚悟はあっても、実際言われたくはない。
だからせめてできる限りの努力はする。
また健康な人達に警告してしまう…
健康は気付いた時には取り戻せないもの…だから早めに気付いて…

« 生姜湯 | トップページ | エイプリルフール »

心と体」カテゴリの記事

コメント

そうですね。
健康で生きてる事に感謝しつつ…今を生きていきます。
自分なりの精一杯で、焦らず力まず生きて生きましょうね(^^)

生きていくもの全てに寿命があります。不安を背負って生きるのではなく、明日を見て生きることが、大切なんだと思います。
だから精一杯頑張りたい

・・・うちの父上、もう長くないですね。
見ていたらわかります。

でもね、煙草が原因の肺ガンなんて、父親のふがいなさにあきれてしまいます。(医者からも禁煙指導を受けていたのに・・・・)

でも、父親の心配より私自身の心配をしないとねWWW

山岡キャスバルさま
そうでしたか…
僕自身もタバコ吸ってましたからわかりますが、止めるのは難しいです!
僕の場合二人の子どもの誕生までに止めるという目標と元々喉が弱いことがきっかけとなり、禁煙八年を迎えます。
肺癌治療は、最新技術も発展してるし、治る病気になりつつあります。
お父様が少しでも長く寿命を真っ当されることを祈ります

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死を見つめて:

« 生姜湯 | トップページ | エイプリルフール »

ブログパーツ

  • DUNLOP募金
  • share100
  • クリック募金
  • Yahoo! ボランティア募金
  • MUSICO
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック