« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月20日 (火)

超音波カッターUSW-334Plas CM

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月17日 (土)

BMW635CSIA

初めての外車で左ハンドル。シルキー(ビック)シックスといわれるシングルカムなのにツインカムのように盛り上がるレスポンス。

またシルエットはクーペの原型とも言われ、「世界一美しいクーペ」として紹介されたBMW6シリーズの最高峰が635でした。

2ドアクーペで、コクピットを思わせるドライバーズシート。とにかく運転しているだけで優越感もありましたが、すごいのは高速での安定性。阪神高速工大コーナーというのがあるのですが、ぬおわkm/hで突っ込んでもイージードライブで軽く回っていきます。

さすがドイツ車です。ちなみに同じコーナーをクラウンではロールがきつかったし、セブン(FC)では、イージーではない感じでした。

とても車らしさを感じさせる車でした。

ただ故障はありましたけど。。。半年に一回ほど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタ クラウン スーパーチャージャーGX131

社会人になり、初めて稼いだお金をためて、頭金にしてローンを組んで、さらに自分名義にした車です。

グリル内にフォグがついたモデルがほしくて2.8を探していたのですが、もう少し出せば、2000だけど年式の新しいスーパーチャージャーがついたモデルがあるとのことで、現物見て即決めです!!

この車はクラウン独自の内装の充実(手動ですがリアシートのリクライニングついてました)もすごいですが、スーパーチャージャーのおかげで結構俊敏に加速していく様はかなり魅力的でした。もちろん色々な場面で活躍してくれ、それがとてもよかったです。

最後は友達に5万で売りましたけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタ マークⅡ GX61

免許取って10ヶ月たったころにやっぱり大きな車がほしいということになり、僕や弟とオヤジのためていてお金を集めて、買ったのがこのGX61マークⅡでした。

当時GX71マークⅡはハイソカーブームでバカウレしていた時期で、旧車は安くなっていました。GX61には1G-Eを積んでいたので、エンジン自体はよく走ってくれました。もち今では当たり前のフル装備になり、社内装備は充実してました。

僕は内装関係はペダルを変えたり、ATレバーを変えたりして、いじりも楽しんでましたね。

そうそうアクティバンの時もそうでしたが、オイル交換は自分でするのが当たり前でした。
なんせオヤジがそうしていたので、自分もそれが普通だと。。。

工具集めだしたのもこのころだったような。。。

学生時代の足としてよく乗り回していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダ アクティバン

車編です。

18歳で鳥取の合宿で免許を取得し、最初に乗ったのは親父の車でアクティバンでした。

550cc 4MTでエアコン無し、もちAMラジオのみでパワーウインドもありません。

でも運転がうれしくて、バイトと学校がない週末はひとりで琵琶湖に行ったりしていました。

もともとMRなので、軽さがあるから、小回りがききとても身近な乗り物でした。

あのころはエアコン無しでも十分だったんですよね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

ホンダ CB1000SF(SC30)

バイク復活から1年。大型二輪取得にあわせちょうどショップの取得キャンペーン5万円引きに惹かれ、色々物色し、CB1000SFのデカサに惚れました。

最初に乗ったときの印象は、とにかくデカイ!!
身長168cmの僕では片足がつくぐらい。しいて言うならバイクに慣れていたのが幸いかな。

でも乗りなれてくると、とても安定性があってバランスがいい!!
こんなに大きいのになぜ??って感じでした。教習所のCB750も乗りやすいですが、違和感なくなりました。もちろん押すのは半端なく重たいですが。。。

いったん走り出すと、5速で待ち乗りをこなすし、タンデムも余裕!!4ストマルチの集合は野太い音を響かせながら、トルクもあってホント楽です!!

最新のバイクとは違うけど、楽しめるバイクです。このバイクを手足のように扱えるようになるのが、一番の目標かな。

さすがCBです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ホンダ VT250F(FG)

10年のブランクを経て、ヤフオクで落札したのがVT250Fでした。

きっかけは娘の「バイクの後ろに乗りたい」から始まって、ライダー復活企画が浮上!!

予算内で収めるためにヤフオクでということになり、たまたま近所の方だったので、直接取引き出来ました。

当時22年前のバイクでもあり、調子が気になったのですが、毎日乗られていたので、調子がとてもよく、消耗品を交換するだけで十分でした。

もちVツインは力強いし、ライディングも楽だし、ブランクから脱皮するのに十分なとてもよいバイクでした。

ただFフォークのOH時期が来ていて、自分ではチョット自信がなく、また大型二輪への欲が出てしまい、40歳にして教習所に通い取得。現在のマシンへの下取りとなりました。

でもホントVTは名車です。僕が高校生のころにFC(初代)が発表され、当時セミカウルがかっこよく見えました。弟がFE(2代目)に乗っていたこともあり、Vツインの信頼性は十分だったし、その後色々な車種に同エンジンが使用されました。そういう意味でFG(3代目)はVTの完成形とも言えるのではないでしょうか。もちろんそのコンセプトは後のVTRに引き継がれていますけどね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

ホンダ リード90

レプリカに疲れ、通勤の足として使いやすいスクーターにしようと、手に入れたリード90。

大きさ、馬力ともちょうどよく、メットインだし、通勤にはもってこいでした。

また故障箇所としてフロントフォークが縦に裂けていたのですが、面を合わしてガムテープで巻くという荒業修理で、誤魔化し乗ってました。

それ以前にフォークに樹脂部分があるっていうのが、今考えると不思議でしたけどね?!

まあ足でしたし、それぐらいの距離しか走らないのでOKって感じでした。

約2年だけの付き合いで、その後10年のブランクを迎える16歳から乗り続けたライダー第一期最後の車種としてはよかったと思います。

最後は廃車場に持っていき、終焉を迎えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダ CBR400RR

ステップアップしたいのと、400への憧れから、バイク屋でCBR400RRと出会い、レプリカですが、4ストマルチの集合の音に惚れ、TZRを下取りとして、買い換えました。

走りは相変わらずヘタッピですが、前傾姿勢に慣れると、高速では150km/h以上なんてのも軽くこなしてくれるので、とにかく気持ちよかったです。ただしバイク性能に僕がついていけないので、それ以上を体感するのはできませんでしたが(笑)

ただ町乗りには、結構ハードな姿勢だったので、腰がすぐ痛くなり、車の買い替えなどの理由で、車検を通さず2年弱で、ダチのリード90と交換することになってしまいました。

最近近所に同じバイクが眠っているのを見て、懐かしさを感じましたけどね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマハ TZR250

大学卒業間近となり、やはり就職前に中免だけはほしいと思い、教習所に通いました。

そして就職し通勤の足&新しい相棒として、ショップで中古のヤマハ TZR250と出会いました。

レプリカですが、当時ノンカウル(ネイキッド)ブームになり、レプリカが安くなっていたこともあり、2ストツインで軽快な音立てながら、あまりにも軽いフットワークで走るTZRで、油断するとウイリーするくらいですが、年齢も22歳になり、ちょっと恐さも出てきた時期だったので、かなりおとなしく走ってました。正直軽さと軽快さはよいのですが、まわして乗らないとすぐオイルづまりしてしまうので、もてあましていたかもしれません。

でも約3年間の相棒として、よく走ってくれました。僕がもっとまわして走る時期に乗ってあげればよかったのですが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダ スーパータクト

大学でバイトして初めて買った新車がホンダのスーパータクトです。

当時としてはかなりスマートなスクーターで、もちろんダッシュもよかったです。パッソルからの乗り換えでもあったので、余計そう感じたかもですが。。。

当時まだメットインはなかったので、このスマートさが洗練されていて僕としてはとてもカッコイイスクーターでした。当時弟も同じ学校に通いだしたので、駅まで街中レースしてましたっけ。

右折コーナーでマンホールの上を気にせず突っ込んでいたので、弟がいうには後輪が跳ねてそれで力で押さえつけてコーナーを曲がっていたらしいです。若さゆえのキチガイじみたコーナリングですね!!

なんせ恐さを感じない時期でした。

ちなみにこの半年前に弟のスズキガンマ50で車と衝突して、初めて救急車に乗った後でもありましたが、ハッキリ言ってかなりアホでしたね(笑)
バイクは廃車で相手側負担でホンダMBX50Fに変わったし、僕も怪我はたいしたことなかったので、次の日からバイトに行ってましたから、ぜんぜん懲りてなくて、スパタクでこんなことしてましたから。。。

パッソルは一度親戚の家に行き、最後はダチのところに嫁入りしました。結構長く愛されていました。

話し戻ってスパタクは3年間の僕の相棒として、ショックを2~3回交換しましたが、調子のよいまま、弟のダチのところに行きました。

よくよく考えると当時バイクや車はダチや弟関連で回っていましたね。だから結構近所で昔の愛車に出会うことありました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマハ パッソル50

RG50Eの次に乗ったのが、弟のダチから買ったヤマハ パッソルでした。

通学で駅までの足として乗ったのですが、最高時速45km/hと今考えれば、笑えるほど遅かったです。でもシンプルイズベストというだけあって、壊れず活躍してくれました。

高校時代ならヤンキーの足はパッソルかパッソーラだったので、ノーマルだったのが珍しかったですが、ほんと足って感じで気軽さがよかったです!!

ちなみに僕の時代は族の時代ではなく、走り屋世代なので、チンタラ数台で走るグループが少しいるぐらいで、ほとんどは峠に行ってるやからばかりでした。ちょうどレプリカが出始めで、金のあるヤツはフルカウルのNS250Rを購入し、周りにもてはやされてました。

バイクの話からそれますが、僕は中免(普通二輪)は、当時まだ持っていなかったのでオヤジの車ばかり乗ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

インプレション スズキ RG50E

自分の車歴から、記憶をたどって行きたいと思います。16歳で原付取って、いとこの兄ちゃんよりもらったスズキ RG50E

当時ガンマ発表前だったので、新車も売っていたと思います。

2スト空冷シングルで7.2PSを絞り出し、規制前なのでメーターで90km/overでした。

ANDF?アンチノーズダイブフロントフォークだったと思うけど、ブレーキング時の安定もあり、とりかく面白かった。ただしレッドゾーン手前ではかなり振動があり、ハンドル持つ手がしびれてきました(笑)

改造はスワローハンドル交換とガンスパークでした。このころからいじり好きも始まったんです。高校卒業までずっと付き合ったヤツです。

残念ながら卒業前に転倒して、フロントブレーキのレバーの付け根と左手骨折で、痛い代償でしたが、弟の友達に1万で売ることが決まりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

4月になりました!!

やっと4月になり、今日は陽気にも恵まれ、春らしい日になりました。

バイクの季節でもあり、そろそろ本格的に活動できます!!

吠えろCBって感じですよ!!

ところで今日は近所の公園でも花見でいっぱいでした。日本人の花見好きで景気も回復モードになってほしいですね。

僕は暖かい日が増えるだけで、気分がいいですけどね!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »