« 吐き気 | トップページ | 体調は不安定だけど、まあやれそうだしね »

2019年2月19日 (火)

介護の仕事範囲と実情

介護は無資格でもできるが元は納税者の支払いから発生する原資を使って(税金と同じ)民間企業に委託されている資格業です。行えることは、

身体介護
着替えの補助、食事の補助、入浴の補助、排泄の補助、ベットからの立ち上がり補助、歩行の補助
生活援助
調理、食事の準備、部屋の掃除、身の回りの整理整頓、洗濯、買い物など
メンタルケア
話し相手になる、レクリエーションなどを催す、近隣住人や他のサービス利用者との交流を促す、介護についての相談や指導、助言など
サービス利用者の家族
相談や指導、助言
介護方針の相談、介護用具を使う際の指導、自宅介護での注意点を助言など
介護スタッフ
チームマネージメント
職場のチームリーダーとして、メンバーのタスク管理やメンバーへの指導、士気向
が仕事内容であり、それ以外は原則してはいけないのです。つまりお手伝いさんではなく、公務員と同じ原資を利用しているからですね。サービス利用者も提供する側もその辺りがあいまいで、実際はオーバーサービス(お手伝いさん)のように扱われているため、社会的地位も低く見られ(看護師と同じような扱いではない)現場で色々な問題が発生していると考えられます。認識を変えるのにはかなりのパワーを要しますが。これからの日本では必要な仕事ですので、早急改善な改善が必要ですね。僕にもまだいい案が浮かんではいませんが。。。

« 吐き気 | トップページ | 体調は不安定だけど、まあやれそうだしね »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介護の仕事範囲と実情:

« 吐き気 | トップページ | 体調は不安定だけど、まあやれそうだしね »

ブログパーツ

  • DUNLOP募金
  • share100
  • クリック募金
  • Yahoo! ボランティア募金
  • MUSICO
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック