« 時を告げる人ではなく時計を作る | トップページ | Let's start with small things! 小さなことから始めていこう! »

2019年4月10日 (水)

それぞれの立場で価値観が異なる現実を理解できない管理者たち

最近の傾向は能力主義の悪さで、仕事のできる人が管理者に上がることが早くなりましたが、そういう人に限って、部下に同じ価値観を無理やり押し付けようとする人が、増えたように感じます。簡単い言えば、経営層のビジョンをそのまま部下に伝えてしまい(メールボーイ)、出来なければ切る(コストカッター)だけの管理者ですね!!

僕は経験上30代でマネジメントの勉強をする機会がありまして、部下(後輩)の教育や、他の部門長との折衝などを行っておりました。そこで感じたことは、管理者はビジョンを指示に変え、部下に伝え、部下が100%の力で働ける環境を作ることが仕事であり、また安心して仕事できるように責任を負い、場合によっては、他部門の長や顧客様に謝ることもあります。

今の若い管理職とは行動が異なります。結果は大切ですが、それを達成するためのプロセスが昔より厳しくなり、結果、人が育たなくなりやめていくという悪循環を繰り返しています。

それを断ち切るために、”誰もが簡単に仕事できるように標準化する”ことが大切になってきたのですが、これを部下の仕事だと勘違いしている管理者が多いですね(笑)これを作るには多くの力が必要で、その環境を集めて(作って)あげることこそが管理者の仕事です。

それができない人が多くなれば結果として会社は倒産まっしぐらですね!!

教えても理解しない!興味を持たない!では前に進むことさえできません!!

まあ僕は管理者ではありませんが、チームを作り、環境を変えていくことはできるので、仕事を進めることには苦もないのですがね。。。あまり自分自身の評価には興味がなく、”楽しめるかどうか”だけにこだわっていますから(笑)

さあ今日も楽しんでいきましょう!

 

« 時を告げる人ではなく時計を作る | トップページ | Let's start with small things! 小さなことから始めていこう! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時を告げる人ではなく時計を作る | トップページ | Let's start with small things! 小さなことから始めていこう! »

ブログパーツ

  • DUNLOP募金
  • share100
  • クリック募金
  • Yahoo! ボランティア募金
  • MUSICO
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック