« 御朱印巡りで気持ちをリセット | トップページ | スマートディオ AF56のタイヤバルブ交換 »

2019年7月14日 (日)

病と闘うということ!

今、体が動けるようになって1年半。闘病していた時が分からないぐらいに、見た目は変わり、ほとんどのことが出来るし、周りも”抗がん剤を人で治療中”であることには気づかないと思う。

最近有名人が”闘病中。特に癌や悪性リンパ腫・白血病である”ことを発表するようになって、かなり周りの人も周知されるようになっていますが、完全に理解されている方は今も病院に入院・通院をされており、それを感じさせずに生きていると思います。

僕もその一人であることは、発信することを決めて、活動と称して行っております。僕の今の状態を少しまとめてみます。

  • 抗がん剤は体にとって毒である:これは最強の生命力を持つ癌細胞を死滅するための薬ですが、当然正常な細胞も死滅します。その結果多くの負担を”副作用”という形で、体にダメージを与え続けます。例え治療を止めてもすでに死滅した細胞は100%元には戻りません。
  • その副作用とは、体全身の痛み(骨がきしむ・おそらく象に踏まれたような痛さ)で目覚め、痛み止めでは効かない、吐き気、下痢(ほとんど水)、筋力低下、むくみ、血液数値の異常値、体のいたるところが攣る(例えばつり革を持つと2~3分で攣ります)
  • 持久力のなさ。ほぼ赤子並みですね(笑)

ただみんなが誤解しているのは、”休めば治る””コントロールしてみろ”などの言葉です。できないのがこの病気の恐ろしいところなのですが。。。誰も好き好んで、この病気になったわけでもなく、さらに治療で痛みや。理解できない人からの色々な言葉(みんな優しさだと思っているから言い返さないけど)、それと恐ろしいほどの高額な治療費(自分の稼ぐ給与の10分の1)etc

正直耐えれなくなって自殺してしまう人がいる現実もありますよね。あまり知られていないけど。。。

その病が今二人に一人がなると言われている時代です。恐ろしい話ですね。なっていない人はそのリスクが想像できないことも理解しているし、僕は直接はその人たちに言わないです。だって本人たちは”優しさ”だと思って言っているから。。。しかし本当はそういう人たちが増えている時代なので、その方たちが普通に働ける環境(世界)が必須なんですよね!!政治もしかり、健常所による周知もしかりですね。残念ですが、かなり難し話です。今の僕の活動はその始まりになれば”そういう発信をしてくれる人が増えることを望んで始めました。周りの理解者も増えています。でもまだまだ小さな一歩にも満たない活動です!

さあこれからも楽しんでいきましょう!ただそう思える将来のために!!

« 御朱印巡りで気持ちをリセット | トップページ | スマートディオ AF56のタイヤバルブ交換 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 御朱印巡りで気持ちをリセット | トップページ | スマートディオ AF56のタイヤバルブ交換 »

ブログパーツ

  • DUNLOP募金
  • share100
  • クリック募金
  • Yahoo! ボランティア募金
  • MUSICO
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック