経済・政治・国際

2019年8月25日 (日)

GSOMIA破棄についての私見

日朝関係がとうとう安全協定のGSOMIA破棄まで発展した。あまり政治的な事には触れたくなかったが、あえて書きます。

 

この行為で一番損するのはどこか?その答えは韓国で、得するのは誰か?それは北朝鮮しいては中国でしょう!!

 

今経済、政治、軍事とそれぞれの分野で協力しあってきた日朝関係がこの2~3年で劇的に悪化しています。それを夫々が”相手国のせいにする”というあまりに稚拙な進め方が、対国家間の外交で行われていることが、不思議でなりません!!確かに個人的には”プライドを持つ”も必要ですが、これからの将来を見据えて一体誰のための政治・経済であるのか?主役であるはずの各国国民の意思を無視されていますよね!

 

企業人である僕にとって今求められていることは”Win-Winの関係を結ぶことです”課題として人が人と対話することがそれほど難しいことでしょうか?確かに国が違えば文化も異なり、難しい点もわかりますが、理解しようとしないで、自分たちの言い分だけを発信しても誰も動いてくれません!こんな簡単な事を大の大人でかつ60歳にもなる人たちが行っていることがおかしいです!”まずは相手の立場に立って会話を始めてみよう!”でいいのではないでしょうか!!

2019年8月14日 (水)

日朝関係について考えること

ここ最近の日朝関係に対して、自分自身で考えてみた。

まずお互いの政府およびマスコミが大きく取り扱っていることが、真実なのかどうかが分かりにくいです。僕はSNSで知り合った韓国の方と1年以上話をしていますが、彼との話や色々な情報をまとめると、

  • 韓国人の多くはマスコミのような発するような考えを持っていない
  • 文大統領と側近(長老?反日派)だけが、一部の人をあおっている(特に韓国独自解釈の歴史を教えられてきた若者で世界の歴史感をわかっていない)
  • 韓国が独立戦争をしていないという事実を知らない
  • 日韓併合には親日派(民主主義)の意図があって日本の参加に入ったことを知らない(当時そうしなければ中国またはロシアの植民地になっていた)
  • 現在の韓国にあるインフラ関係は日本が造ったものであり、戦後にできたインフラは日韓併合に対しての贖罪として日本が資金を出し、それを韓国国民に直接返すかどうかを確認せず、韓国政府が決めて造ったもの
  • 韓国製造産業の多くは日本やアメリカからお金で買った知識で行われたもので、韓国独自で発明されたものではないこと

 

と考えられます。これは韓国人の若者が大人になって、世界に出た時に初めて現実を知り、そのギャップに戸惑い、耐えられないものは再び韓国に戻るという形になってしまい、永遠に将来性(グローバル化)を考えないようになっています。このままでは北朝鮮(共産主義)の属国となってしまうでしょう。北朝鮮は鎖国状態ではないですが、世界的にはかなり深刻な国(かつてのアドルフ・ヒトラーが行った独裁国)なので、そうなれば余計に秩序が無くなってしまいます。つまり第三次世界大戦を引き起こす可能性を秘めた国であるということですね。解決には、まず韓国国民の声が聞こえる場所をもっと作り、発信できるようにしなければなりません。しかし儒教の国という文化が悪さを出し(老人のいうことが最も偉い)、余計に難しくしている点もあります。まずは正しい世界史を韓国人に教えてあげることが最初にやるべきことではないかと考えています。同じ人間ですから理解しあえるはずです!ちなみに僕の友人は戦中生まれですが、世界で活躍し、その事実を知ったうえで、僕と普通に会話をしています。あたりまえですけどね!!

2007年7月29日 (日)

いよいよ選挙

本日は参院選挙投票日です。朝のうちに行ってくるつもりです。

自分たちの今後や子供たちにとって良い社会にするため、ちゃんとマニフェストを見極めて投票したいと思います。

2007年7月27日 (金)

選挙

日曜は参院選挙。僕は毎回奥さんといってるけど、近所の人は意外といってない人が多い。ところが今回はそういう人も行くといっているらしい。
理由は『自民』を勝たしたくないとのこと。実際に家計を守っている人達にとって、今は最悪でこれ以上自民に任せていたらえらいことになると。。。
選挙は荒れるなあ
ちなみに僕はまだどこの党に入れるか思案中です。

ブログパーツ

  • DUNLOP募金
  • share100
  • クリック募金
  • Yahoo! ボランティア募金
  • MUSICO
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック